イメージ 1
「ども・・ノアです・・・」

先日は超ビビリのイタグレ、ノア♂のセッションでした。

問題は、散歩で他犬に攻撃的になる、吠えかかる。とのこと。

もう一匹、この日は欠席でしたが、イタグレのメスと飼ってまして、
2匹でガウりまくって手がつけられない状態だそうです。

BEFORE
二足歩行・・・?




AFTER




めっちゃ恐がりの犬に、
犬の上を行く恐がりの飼い主さん・・・のコンビでした。

飼い主さんは、以前この子が他の犬を噛んで以来恐怖心が募ってしまい、とにかく神経質になっておられました。。

前から他犬が歩いて来ると、リードを短く持ち、ただでさえ不安と緊張状態に有る犬に向かって、「待てよ〜・・待てよ〜・・ダメよ〜・・・・大ジョブよ〜・・」って、やっていたんですね。

犬からしてみれば、ただの犬が前から来るだけなのに、
「なんだかものすごい大変な事がこれから起こる?!」
っていう心境に、、なります。。

「来るぞ〜・・来るぞ〜・・来るぞ〜〜〜・・・!!」みたいな?

めっちゃ怖えぇ〜〜〜!汗 て、なりますよね。。

これには飼い主さんも、納得してくださいました・・・


犬はというと、カラーを正しい位置に付けかえ、興奮して吠えかかる以外の対処法を教えてあげたら、すっかりサミって何も起こらなくなりました。


イメージ 3
最初は飼い主さんを引っぱって歩いていた歩きも、後半はこの通り。。
「恐れ入りました・・」


挨拶も上手で友達犬も出来ましたよ〜♪
一緒にマッタリしてても何も起こりません!

人間が悪いイメージに取り憑かれてしまうと、
人の緊張、不安、恐怖心、、が犬に伝染して、
イメージ通りの悪い結果になってしまいます。

でも、トラウマや恐怖心が飼い主さんに有るのは当たり前です!

こう見えて私、、、
ライオンの野獣時代、、私自身が全くの素人でトレーニングを始めたばかりの頃は、
外で犬を見かけると、ガタガタ震えて脂汗止まらなかったんですよ〜〜〜♪
超、ビビりまくってました。w

だから、お気持ちよ〜〜く分かります。

この恐怖心を克服していくのが、一番大切で一番大変なんじゃないかなぁ。。

でも、正しい導き方を習った後は、ひたすら練習あるのみです!
最初はフリでもいいんです。ビビって無いフリ・・
場数を踏めばおのずと慣れてきて、そのうち本当に怖くなくなります。


ノアママさん、、頑張ってください!