イメージ
「ちわ〜〜・・・」

先日はゴールデンのジャズミン(メス)のセッションでした。
先住犬のベイリーも一緒に参加!

問題は近づいて来る人へのガウ、散歩の引っ張り、他犬と出会った時の興奮。

この日私は早めに公園到着だったため、ウチの犬どもをドッグランに放牧して遊んでおりました。
貸し切りだったんでね・・
そんな所へ2匹のゴールデンが引っ張って登場〜〜

ライオンが居たんですが、ま、メスだし問題なかろう・・と踏みまして。
フェンス越しにクンスカ自己紹介させてたんですネ。

そうしましたらライオンが何かを感じたらしく、ジャズミンにブチ切れ!
久々に発作〜〜〜〜
フェンス越しですけど、お客さまの犬にキレたのは、初めてでして・・
私が油断していたのが原因です。。
飼い主さん、、大っ変申し訳有りませんでした・・!


ジャズミンは、ビビリで不安感の強い犬。ついでに言うと自信も無い。
自分を守ってくれる人、、正しく導いてくれるリーダーを必要としています。


イメージ 1
はい、散歩は秒殺でこんな感じ〜〜

飼い主さんはとても毅然としたオーラを持っていらっしゃる方なので、
やり方さえ分かれば後は早い早い!

ジャズミン、歩きながら、私の顔をこれでもか!!ってほど、見上げながら歩くんですよね。
ぱっと見ニコニコですし、ちょうどオヤツで「ツケ」の練習をしている犬とそっくり。
だから、アイコンタクトしててエライね〜〜♪なんて思う人も多いと思います。

しかーーし!
私はこれを褒めません〜〜〜完璧、無視!
だって、良い状態じゃないもん。。

興奮してるし、心が乱れております…
平常心ではありません。

「これでいいの?いいの?いいの?いいの?いいの?
  いいんだよね?ね?ね?・・・・・・
って何とか言えコラ!


とシビレを切らして飛びかかるし。笑
ちなみに、「ねぇいいの?!」って見上げてる時にもし褒めたら、もっと興奮しますからね〜

求めてる状態は、リラックスです。
そうなるまで、ここでは褒めませ〜ん。

しばらく無視して歩いていたら、はい、ようやくリラックスモードに突入〜
私に寄りかかる事も不安で見上げる事もなく、ひたすら無心で静かに歩き始めました。

そう!それが正解!!ここで初めて褒めてあげます♪

ジャズミンには、もっと自信を持って欲しいんですね。
「いいの??」って人に依存している状態じゃなくて、もっと、誇りを持って歩け!!


イメージ 2
「かったる・・」(姉・ベイリー)

ちなみに先住犬のベイリーは、超ドミナントな姉御でした。笑

飼い主さんがジャズミンの練習をしている間、私はベイリーのリードを持っていたんですが、、勝手気まま。
自信家なだけに表面的な問題が無いんで、いいんですけど・・
私がカツンカツンやってコントロールしていたら、

「あんたさっきから何だっつーのよ」

と睨まれました。。笑

「大体あんた誰なのよ!」って。。

「お母ちゃ〜ン、いつまでやってんのよ〜〜ぅ!もう飽きたんですけど〜!!」

振り返って「あんたまだ居たの?」てな調子。爆


おうおう、黙って聞いてりゃ随分と生意気言ってくれるじゃないの!

「飼い主さん、姉さんの方もちょっと練習しちゃいましょうか!」

見てろよベイリー!のわたし。

今日は関係ないもんね〜♪ だった姉ベイリーにもドミリード付けて練習〜♪

「きゃー==!ちょっとあんた!何すんのよ〜ぅ!!」(ベイリー)

「歩きの練習よ〜〜ん!あんたも頑張んな〜♪」(私)

「ふん!歩かないわよ!」(ベイリー)

「はいはい、そう出ると思ったし♪いつまででも待ちまっせ〜」(私)

「・・中々やるわね。。歩いてあげるわよ歩きゃいいんでしょ」(ベイリー)

「てか、別に習わなくても、出来るしっ」のベイリー。笑



そして飼い主さんが2匹を引いて公園を散歩〜〜
していたら、なんと、、すんごい、早い!!
競歩並みの早さでどんどん歩いて行ってしまわれて、全く追いつけない〜〜!!笑
後ろから小走りの私・・・爆

犬達2匹も飼い主さんが早歩きのせいで、ワサワサ慌てています。

ベイリーなんか、「ちょ、ちょ、ちょっと母さん!気張りすぎよ〜ぅ!ほら、もっとリラックスして!」って言ってました。笑

ベイリー良い味出してます・・・・
ジャズミンの姉がベイリーで良かったなぁ〜って思いました。

そうそう、ジャズミンの人へのガウも、練習しましたよ〜
大体、人間側のアプローチが間違ってるんですけど、だからといってガウって良い訳では有りません。

ガウるな!を教えるのなら、ちゃんと犬を守ってあげないと!

色んな近づき方、色んな出会いを想定して、練習〜
ジャズミンが不安爆発する前にちゃちゃっと守ってあげれば問題無し!


楽しいセッションでした!
どうもありがとうございました〜!