イメージ 3
「ども〜!」

先日のお客様、ソル(ダルメシアン)&リー(キャバリアMIX)で〜す!

ダルメシアンのソルは、大きな問題は無いものの、道具の正しい使い方や散歩の仕方を知りたい!との事でセッションにお申し込み下さいました。

ソルは天真爛漫女子なんですけど、他犬が好きすぎて、飼い主さんをグイ〜っと引っ張り相手を遊びに誘いに行ってしまうらしい。

いいんですよ!
犬同士の挨拶はどんどんさせてください!
けど、犬の勝手に行くのはダメ。
犬の判断でいつでも行けてしまうと、もちろん、毎回行けるものだと思ってしまいます。

相手の犬の様子や、飼い主さんの事情を考慮して、
どの犬と挨拶させるのか決めるのは飼い主さんの仕事。

「行きたくても行けない場合も有る!」

これを犬に教えましょう。

そして、「行ってしまう」のではなく、「行かせてる」のは人間の方なんですネ。
問題の無い犬ですから、そうなるのも頷けるんですけど、
ソコを治したいのであれば、意識を変える必要があります。

挨拶しちゃダメなんではなくて、勝手に行くのがダメ。
そこのルールをしっかり人が認識していれば、ブレませんからネ!


そしてもう1匹のリーは、他犬への吠え掛かりの問題。
ですが、喜ばしい事に問題のレベルは低し!

今まではリーダー不在でルールも無い散歩だったので、
当然ながら本能のままに行動していたというだけの事。

すれ違いや他犬と接触する時は、しっかりリーダーシップを取ってリーを導いてあげることで、吠え掛かる必要は無くなります。


イメージ 1
しっぽりとすれ違い中のリー・・笑


BlogPaint
ポンポンとは仲間になりました〜♪

この3匹、良い感じのパックでした。

リーはオヤツへの執着も有るんですけど、
バラまかれたジャーキをまたいで飼い主さんの呼び戻しに従うリー。
オヤツ食べたい!を諦めて飼い主さんの言う事を聞く!エライ!
ご褒美にジャーキーゲット!
良い子にしてれば貰えるんだよ〜〜〜

家の中ではテーブルの上に乗って盗み食いしている大胆なリーだそうですが。。笑

たとえ床の上に落ちてる食べ物だとしても、勝手に食べてはダメ!
人の食べ物をリスペクトすることを教えます。

犬が勝手にブン取るのか、、
飼い主さんの主導権であげるのか、、
この違いは大きいですよ〜

ウチの犬どもは、床にフードバラまいても勝手に食べません。
ライオンなんか、食べる事が大好きなガッツキ系ですけど、床にこぼれたフードを見て、自らハウスに入って行きます。。

カバンの中に食べ物が入っていて、それが床に置いてあっても、
フガフガするだけで勝手に食べたりしません。

人の食べ物をリスペクトする事が出来れば、盗み食いしてお腹を壊す心配も無くなるんですヨ!

ウチの犬達には、コレといってトレーニング〜〜って感じで教えた訳では無いんですけどね。
ただ、そういう場面になった時に、「あ”!!」とやってまぁ、教えた訳ですね。
それと、上下関係、、それだけ。。

そうそう、、基本はそんな感じなんですけど、
先日ポンポンのウンコ拾ってる最中、妙にライオンが静かだな〜〜と思っていたら、「ガツガツガツ=!」って何かをほおばっている!?

あんた何食べてんの!?汗

と見たら鳥の死骸をめっちゃむさぼってた〜〜〜〜!!滝汗
「え?」と顔を上げたライオンの口の周りが羽だらけ・・・・・

どんだけワイルド〜!?

「ドロップ!!ドロップ!!」と言いながら、
めっちゃ焦って羽とか色々、口から取り出す私・・

ドロップ!って言いながら手突っ込んでるから、コマンドの意味無し。笑
ま、ライオンはそういう事しても噛まない犬なんで、出来る事ですけどね・・


話しが逸れましたが、物や食べ物へのリスペクトを教える事、大事ですヨ〜〜
無駄な執着心を育まないように!


ソル&リーの飼い主さん、どうもありがとうございました!