今日はストレスマネージメントの大切さについて、改めて考えさせられる出来事がありました。

先ほどウチの2匹を散歩させている時、公園のお仲間犬と挨拶していたんですね。
そうしましたら、相手の子がライオンとの挨拶中に、リードの金具が外れてフリーになってしまいました。

あ、誤解なきよう・・・!

このワンコはと〜っても良い子でして、飼い主さんもしっかり犬を管理・ハンドルしてらっしゃいます。
我が家の犬どもとも快くお付き合い頂いていまして、いつも感謝感謝なんですよ〜〜。
ただ、金具が外れてしまったという事故です。

で、突如フリーになった犬がひゃっほ〜〜イ!と周りを弾丸走り。笑
まぁ、、そうなるよね〜〜笑

その子は友達犬ですけど、リードが離れた瞬間に、ライオンとの関係性は一変します。
ライオンは超〜ドミですけど、同時にど〜〜っても怖がりですんで、自分の不利、、を感じると、途端にテンパり始めるんですね。

なんですが、ここの所すっかりリハビリが進んでいまして、
突然の出来事にビックリはしていたものの、攻撃に出る事は無し。

私はライオンの成長を感じながら、ま、友達だし、「ビビらんで良かよ〜♪」と余裕かましていまして、2匹を軽くコントロールしながら、捕獲を待っていたんですよね。

ライオンは目の前を走り回る友達犬を見て、「あわあわ・・」となっていましたけど、よ〜く堪えていて立派!!

飼い主さんはライオンの問題もよくご存知ですので、気を遣って下さってありがたい限りでした

犬は無事に捕獲され(笑)一件落着。


んが!問題はその後・・


一安心した私たちは、バッタリとケンちゃん一家&甲斐犬パックに出会いまして、パックウォークと相成りました。

そうしましたら、ライオンがその甲斐犬に猛烈にブチ切れ!!

甲斐犬さん、、去勢もしてるし、ちょいとビビリドミですけど、サミッシブで歩いていたんですよ〜

なのに一方的にライオンが喧嘩を売る売る・・・
ひっさびさのアグレッションで、私もびっくりしました。

大体、どんな相手でも、パックウォークし始めれば興奮は収まるようにリハビリしてあるんですよ。
ところがどっこい!
公園約1周歩きましたけど、まぁぁぁ〜〜何やったって、止まりません!
こんなに敵意むき出しのライオンは、ほんと、久しぶりでした。
これもしオフリードだったら、超〜ヤバい事になります。。

ちなみにこの子、以前も一緒に歩いた事有るし、公園でもちょいちょいすれ違う子でして、普段は平気なんですよ〜〜

じゃなんで??ですが、、

原因は、その前の出来事で受けたストレスです。

不本意にもオフリードになってしまった友達犬、、
そこではライオン、堪えたんですよ、
ま、知り合いだしな。。で折り合いが付いた。

しかーし!

確実に、ストレスが掛かっていたんですよね。

その時は飲み込んでも、それが別の形で噴出したと言う事です。

ストレスを違う標的に向けて爆発させています。


今日私が勉強になったのは、

どんなにリハビリが進んでも、それに甘えてはいけないって事。


ちゃんと、犬に掛かるストレスに気を配ってあげないと、今日のような事になります。

ハードル高い状況を乗り切るっていうのは、器が広がるような出来事です。
とっても良いリハビリになりますから、それ自体は大歓迎!

でも、未開の部分の器を広げるってことは、それだけストレスが掛かる。

それをいかにその都度、ちゃーんと流してあげれるか・・
そういうストレスマネージメントはとっても大事。


そこんとこ、よ〜〜く分かっているはずなのに、私は随分とライオンを過信していたようです。
良い子を演じさせては、ダメだよね。


器以上の事をさせようとすると、そのシワ寄せは必ずどこかに出て来ます。

それを犬に溜め込ませちゃ〜いかん!


犬の器を過信して「出来た出来た!」と喜ぶだけでは力不足。

器のサイズと掛かるストレスのバランスを、ちゃんと把握してマネジメントしてあげなくちゃ。


リハビリはギブ&テイク!

その都度帳尻を合わせてあげること・・・・を怠けちゃイカン!


ライオンはほんっと、私に大事な事を教える為に、ここに居てくれています・・

公園の犬友さん達にも、色んな事を学ぶ機会を与えてもらって、とにかく感謝!!!!

Gちゃんケンちゃん甲斐犬ちゃん、、、
ライオンこんなですけど、懲りずにまたよろしくお願いしますね〜〜!!!

いつもありがとうございます〜〜!!!