数日ブログ放置しておりました・・・すんまへん

封切りにこないだのセッションレポ。

イメージ 3
ボーダーのラフ。2回目です。
興奮すると人に攻撃的になる、リードに噛み付く・・・などの問題は、ほとんど無くなっていました。
散歩でもがっつり飼い主さんが主導権を握れるようになっていまして、
も〜〜〜〜〜美しいボーダーコリーの美しい歩き姿。。

あまりの変わりように、びっくり仰天。凄い凄い!と大喜びの私・・

飼い主さんは0歳児の赤ちゃんが居る状況で、しっかり犬とも向き合っていらっしゃって、数週間でちゃ〜んと犬のリーダーに君臨したんですから、天晴です。

あのまま行ったら、噛み付き犬になってましたもん、ラフ。。

さて、今回はピンポン吠えなど、家での問題にアプローチ。
ピンポンはすごい執着でして、「お前の出番じゃねー!」って言ってるのに「いいや、オレが行く!オレの仕事だ!!」としぶといラフ。とにかく、早いし、勢いがすんごい・・

番犬をさせちゃ〜犬が可哀想。
テリトリーに入って来るヨソ者に対応するのは、リーダーの仕事です。

音などの刺激があんまり効かないんで、最終的にはタズナ一本で落としまして・・・
「ね、だから、お前さんは、すっこんでなさい・・(ハァハァ・・)」と私も汗だく・・

その後飼い主さんにバトンタッチ。

イメージ 5
「Hey!」

玄関に突進するラフを止める飼い主さん。

飼い主さん、ご夫婦共、高い瞬発力をお持ちです
ボーダーみたいな犬をハンドルするには特に、瞬発力・・が有ると有利なんですよ。

考える前に動かないと、間に合わないですからね、、

イメージ 6
「下がらっしゃい!」

イメージ 8
「そこで待っとれ!」と言われて「了解です」と座って動かないラフ・・

数回やったらコンセプトを理解しまして、
最後は玄関ダッシュは跡形も無くなり、ピタっと止まって指示を仰ぐように・・

こういう所、ボーダーって凄いですよね〜
嫌いじゃないんだな〜私・・
何を隠そう牧羊犬好き・・・

ポンポンもライオンも、牧羊犬系です。。

イメージ 9
「あんたはエライ!」

これからも油断せずに頑張って下さい!
どうもありがとうございました。