IMG_7055
先日のセッションの話。
フラットの仁♂とライム♀です。
真っ黒なんで、どっちがどっちか…写真じゃ訳が分かりませんが…

メスのライムが先住犬なんですが、近頃飼い主さんやお子さんに牙を剥くようになったと。

飼い主さん、とある筋の方から、犬が悪さをしたらぶん投げろ、、など、体罰躾を習っておられ、不信に思いながらも心を鬼にして実行していたそうです…

そのうち叱ると攻撃的になるようになり、飼い主さん、さすがに、この躾法を続けてイイんだろうか…と悩まれ、ご連絡頂きました。

イメージ
散歩に行く際、ハウスからすごい興奮で飛び出るんで、そこから修正。
こんな、はじめの一歩で犬に負けてるのに、大きな問題の時だけ体罰じゃ、犬としては辻褄が合わない!納得出来ずに反撃して当然!!

無事にゆっくり出れるように練習。

イメージ 1
お次はお子さん問題。ここでもやはり、メスのライム。
お子さんの動きを監視していまして、トイレ行ったり、、、部屋を出入りすると、追いかけて酷い時は吠える回るの大興奮らしい。

犬にこういう仕事をやらせてはダメ!
お子さんを監視するような立場、、に犬が居る事が問題・・

「お前仕事じゃなくってよ!監視員は私!!」と飼い主さんに主張して頂きましたら、治りました。。

犬って、ほんとシンプルなんですよね〜。

イメージ 2
前回お会いした時に、ちょちょっと教えた散歩・・
すっかり板に付いていて、あの興奮犬が、2匹並んでこの歩き!
翌日からず〜っと、コレだそうです。
素晴らしい!!

結局、ライムは噛み付き犬では有りませんでした。
ドミナントですけど、ちゃんと服従する事も知ってます。
なぜ攻撃的になったかというと、人の方が、ルール違反だった・・・

投げたり蹴ったりしなくても、ちゃんと、犬に学習させることは出来るんです。
むしろ私のライムへの接し方は、優しいですよ。穏やかに、冷静に・・・

飼い主さんは、今まで犬との会話が上手く出来なかっただけ。
覚えたら、後は早い!

でも、実はまだ、ネコ追いやら、、の問題が残っておりまして。。

次回に続きます〜