IMG_0221
先日のセッションの話し。

犬は元保護犬のグリコ(♀)。
この子があまりにもマッタリしすぎていて、『果たしてこれで犬生楽しいんだろうか??』という不安に駆られた飼い主さんが、セッションにお越し下さいました。

BlogPaint
友情出演、白柴のボボと挨拶中のグリコ。

グリコはブリーダー放棄犬で、ずっとケージの中で生活していたんですね。

飼い主さんは、グリコがあまりにボ〜っとしてるんで、オモチャで遊ばせてみたり、盛り上げてみたり、色々やったそうですが、私はそれ、無理にやる必要ありませんよ、と言いました。

育った環境が全く影響していないとは言えませんが、元々の性格がマッタリしてる犬でして、エネルギーレベルが低く、サミッシブなんです。

だからといってシャットダウンしてる訳ではなくて、こうして犬とも挨拶するし、人にも甘えて来るし、グリコなりに世界を楽しんでるのが見て取れましたからね。

それよりも問題は、不安になって犬に執着してる飼い主さんのエネルギー。

犬はマイペースにやってるのに、必要以上に構って何かをしようとするから、
犬も余計、ユルめない。。

なんていうか、、

物静かなのが好きなだけのに、「あれ、何だか元気ない??じゃカラオケ行く!?ほら、元気出そうよ!あれ、つまらない??なんで・・?どうして・・・」ってやられたらさ・・

余計に疲れちゃうじゃないですか。笑

IMG_0222
飼い主さん、セミナーにも来て下さっていたんですが、犬を勉強して知識を付ければ付ける程、「何かしなきゃイケないんじゃないか・・」って不安が募ってしまったそうです。

夜、布団の中で、犬の事などモンモンと考えてしまうらしく、「私、明るい根暗っていうか、社交性のある人見知り、、みたいな?」って面白い飼い主さん・・笑

アドバイスしたのは、考えすぎてジットリせず、
犬から自立して、飼い主さんがカラっと明るく楽しむこと!

その方がず〜っと、グリコが楽になれます。
のんびりでいいんですよ。焦らずに・・

で、そんな話しを芝生でしていたら、
絶妙なタイミングで、この男が現れましてね〜〜〜〜


IMG_8581
「呼んだ?」

里親募集中の、ブライアン
たまたま預かりさんが自主練に来ていまして、セッション中にネギ背負って登場!!!

「おぉ〜!ブライアン、良い所に来た!!ちょいと顔貸して〜!」と呼び寄せまして・・

「Mさん、こういう子ハンドルしてみると良いんじゃないですか!?」

と飼い主さんにブライアンを紹介。

「やってみたい!」とやる気満々の飼い主Mさん!

ブライアンも練習しに来てるし、色んな人にハンドルされるのは良い経験になります。

IMG_0224
ブライアンの性質を説明して、ハンドリングもレクチャー。

Mさん、知識もやる気もばっちり、有りますから?

も〜〜、水を得た魚状態。

IMG_0227
グリコとポンポン追加して、3頭引きでドミウォークが止まらない〜〜笑

IMG_0228
すれ違いも何のその。
余裕のコントロールでブライアン、すっかりサミっちゃって・・・

飼い主のMさん、、これが、したかったんですよね〜〜〜
公園2周くらいした後は、もう、顔がスッキリ

Mさんサーフィンもされるし、根暗って言ってたけど(笑)
実際はアクティブさも持ってらっしゃる。
しかし飼ってる犬は、超マッタリ犬が2匹。(1匹は16歳のおばあちゃん。)
学んだ知識や技術を生かしたくても、有る意味で、生かしきれない・・

そこで登場ブライアン。
若くて元気でドミナントで、コントロールが必要な犬・・

それがむしろ、Mさんには心地よい!!

グリコにとっても、飼い主さんが明るく楽しんでるのが、一番、嬉しいんですから

IMG_0225
「ありがとう〜〜」

良い仕事してくれましたよ〜、ブライアン!ありがとう!!!!

ブライアンの預かりさんブログはこちら


*飼い主さんからセッションの感想を頂きました。
こちらこそありがとうございました。


『今回のセッションは、グリコではなく私自身のカウンセリングのように
なってしまいましたが、自分では気がついていないこと、もやもやして
いたことの正体がはっきりわかったことなど、本当にたくさん発見が
ありました!

グリコへの過剰なアテンション指摘されたこと、ドキっとしました。
過干渉と共依存が犬を壊すということを知識としては知っていた
はずなのに、我が子可愛さのあまり盲目になっていたんですね。
これはやっぱりプロの方から指摘されなければ気がつきません。。。
目からうろこが落ちました。

ブライアンをハンドルさせて頂いて、「あぁ!私はこうやって犬と歩き
たかったんだ!こういう緊張感が欲しかったんだ!」とはっきり自覚
できたことが今回の一番の収穫です。
毛穴から汗とかアドレナリンとか溜め込んだ毒素が出ていくのがわかり
ましたもん・笑

グリコに対して過干渉になっていた、根本的な原因はここにあるんだと
思います。
犬に対して「何かしたい、してやりたい」という(いらん)欲求のぶつけ
どころがない、私の中のフラストレーションの表れだったんですね。

そこに気づかせてもらえて、本当に感謝です。
スッキリ!!!
グリコのことは、無理させずのんびりゆっくり見守っていくことにします。

我がパックの湿度を高めているものの正体が浮き彫りになって、私のこころ
がぱっと晴れて湿度が下がったことにより、明るくて楽しいパックにしていけ
るんだという確信が持てました。

ありがとうございました。 』