2016-03-30-12-36-20
「オレ、ちくわん・・」

んで、今日は、元保護犬のちくわのセッション。
譲渡してから3週間ほどで、来客やバイクに乗る人や犬にカプッとしちまったらしく。。。
実際に会って見ると、警戒心は強いけど、そう、悪い感じはしない。

人を噛むことで自分の主張を通そうとするタイプではない!

人に歯を当てた時の事を聞くと、そりゃ、私でもテンパって噛み付くわ!って状況。

飼い主さんが犬をちゃーんと守ってあげていれば、この問題は起りません。

2016-03-30-11-03-39
ちくわも、楽になりました〜〜〜〜
飼い主さんも、笑顔!

引っ張って永遠臭い嗅ぎマーキングの散歩だったのが、瞬殺でサミッシブ。
(サミッシブ=従順な心理)


自分を導いてくれる頼れるリーダーが居れば、
犬は安心して暮らして行けるんです。

この心理で歩いていれば、障害物が現れても問題が出にくいし、出てもコントロールしやすい。

ゴリゴリ歩きさせておいて、吠えた時だけ「NO〜〜〜!!!」ってやるのは、理不尽!!!


2016-03-30-12-42-12
おもむろに寝始めるちくわん。。

ちくわはドミナントだけど、強い人にはちゃんとサミれる、とっても犬らしい犬でした!
しかも、すんげ〜〜〜〜〜賢くて可愛い犬!!


でも、全ての人間を両手放しで信用している犬では無いので、
子供や、いきなり手を出して来るような人との接触は注意が必要ですけどネ。


あ、ちなみにこれは、どの犬にも必要なこと・・・

例えば見知らぬ人からいきなり手を出されたり??っていうのは、犬は怖いんです。

(中には誰でもどっからでも、カモ〜〜〜ン!!っていう陽気な犬も居ますけど・・笑)

私の犬ポンポンも、見知らぬ人への警戒心が強い犬。
だからいきなり他人との接触は、私がさせません。
ポンポンを噛み付き犬にさせたくはないのでね!
ちゃーんと、ポンポンに負担が掛からない相手を私が選んで、負担が掛からない交流の仕方をしてもらっています。
ま、最近はもう、慣れちゃって全然、平気ですけど・・・・・



そうそう、、
最後に車恐怖症との事だったので、それも、克服させました。

27
「こわい・・・・・」

00
「無理!!」

とこんな感じで、車に近づく段階からシャットダウン。
地面にへばりついてテコでも動きません!てな様子でしたが、車は別に、お化け屋敷でも何でもありませんから〜〜〜!

不要な恐怖心は、克服させてあげるのが犬の為。

車はしょっちゅう、乗るんだしさ。
毎回怖い思いするのは、可哀想じゃん・・!


08
んで、スッタカタ〜〜♪ と自ら飛び乗るようになりました

こういう練習もさ、嫌なコトでもじっと私や飼い主さんを信じて、噛み付かずにやるんですよチクワン。。
健気で良い子じゃ〜〜〜〜ないっすか!

ちくわん、また、会おう〜!!