先日セッションに来てくれたMダックスのリーフ。
散歩で他の人や犬に吠えまくる問題でした。

不安定になりやすい犬の心理を、
どうすれば安定させてあげれるのか・・


正しい導き方を飼い主さんが学ぶ事で、問題は解決いたしました。

リーダーっていうのは、威張りちらす人でも大声で怒鳴る人でもありません。

「犬を守り導く人」の事です!

犬がテンパってる=守ってあげれていないという事。
安心出来ていないって事です。

犬が自力で落ち着けないのであれば、人の助けが必要です。
それをしてあげるのが、飼い主さんの役目。

上の動画、犬が変ったかのように良くなっていますが、
私が犬を治した訳ではありません。
私は2時間のセッションの中で、犬ではなく、飼い主さんに向けたレッスンをさせて頂きました。

飼い主さんご自身が、犬の心理と行動の意味、
犬とのコミュニケーション方法を知り、
群れを導く統率力を身につけた事で、犬が安心して外を歩けるようになったんですね。

最初はあの小さな犬に引っ張られて登場された飼い主さん、
最後は毅然とした態度で犬を引き連れて帰って行かれました。

「この群れを守るのは私!」

飼い主さんがそういう意識に変った瞬間に、犬が変ります。

ご自宅での問題も続々解決されているそうで、良かったです!

感想のメールを頂きましたので一部ご紹介します。
どうもありがとうございました!

『今日の散歩は、リーフと蕾を連れて、50分間ほぼ滞ることなく歩けました。
途中、玄関でピンポンに反応するシュナウザ ー、
高いところの庭から吠えるワイヤーダックス、アフガンハウンド、何とかテリアの3兄弟、
散歩から帰ったらちょうど家の真ん前を通過中だったシェパードには
少々吠えてしまいましたが、リードとNOでしつこく吠えが残ることなく済みました。

散歩中出会った、帰宅を急ぐ小学生多数、トイプー、ウェスティー、マルプー、フレブル
には吠えずにクリアできました。

尻尾が上がった段階でコレクションを入れられたので、
良かったのかと思います。

散歩中の私についても自分に意識を戻して、リラックスしているかをチェックしました。
気づくと腕が曲がっていましたが、自分を意識するって一番大事なことを教えていただき、 とても良かったです。

家の中での場所取りも私が頑張り、すべて勝ちました!

去年、シーザー・ミランの「あなたの犬は幸せですか」を読んで、
「穏やかで毅然としたエネルギー」を飼い主が出せば、
犬はリーダーとみなし従う、というのが彼の考えの基本と理解したのですが、

自分では体現できずにいました。KONAOさんの様子を拝見し、
私も真似してみようと思いました。昨日は、リードの使い方、タイミング、
飼い主のあるべき姿、すべて百聞は一見に如かずだと納得できました。
勇気を出して葉山まで運転したかいがありました。

ありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いします。』