2017-06-01-17-47-42
こんばんは!
今日は、今の私の考え方や方向性について、
改めてこちらでお伝えしたいと思います。

私はどの団体にも属さず完全に独立して活動しており、
現在のセッション、セミナー、ブログ等で発信する内容は、
私独自の考えと責任に基づくものです。

今の私は、
ハンドルの仕方や道具の使い方、
全体的なメソッド自体が、
私なりの新しいものに変化しています。

ゴールは同じです。

「いかに犬を穏やかでバランスの取れた状態に導いてあげるか。」

でも一番の違いは、犬とのコミュニケーション方法の軸が、
「エネルギー」に変化した事です。

「エネルギー」とは簡単に言えば「気」の事です。

犬は言葉を使いませんから、
このエネルギー+ボディランゲージが
主なコミュニケーションツールになります。

犬にとって一番重要なのは、
その瞬間の、相手のエネルギー、なんですね。

今、目の前に居る相手が、
どういう状態で存在していて、
どういう動きでコミュニケーションを取って来るのか。

犬はそれに対して反応するだけです。

もちろん、相手との関係性や見た目なども判断材料になりますが、
どんなに慣れ親しんだ相手でも、
おかしなエネルギーを出していれば
犬はそれを感じて反応します。

エネルギーを無視して犬と会話をするのは、無理が有ります。
何故なら、それが犬の言葉だからです。
犬と会話したければ、素直に犬のやり方に習うのが一番早い!


私はというと、かれこれ12年毎日瞑想を続けており、
エネルギーワークっていうのは、
既に身に付いている事でした。

とはいえ、それが一体『何』なのか、
具体的に人に伝え、
実際に犬のハンドルに生かしてもらう事が、
難しかったんですよ。

目に見えないものですし、
とても感覚的な部分ですから。

ですが今は、そういう抽象的で掴みにくい部分を、
自分の知識、経験、技術としっかりリンクさせて、
皆さんにわかりやすくお伝えしています。

エネルギーっていう
最も繊細なコミュニケーション方法を意識した時、
犬との向き合い方は、おのずと変って来ます。

まず『静か』でないと
相手のエネルギーも自分のエネルギーも
感じる事が出来ません。

無駄な力、無駄な動き、は雑音になります。

犬の世界は、想像以上に
静かで、繊細で、無駄が無いんです。

それが、どのくらいの静けさなのか。
コミュニケーションはどのくらい繊細で、
どれだけ自分たちが無駄に動いているか。

自分と犬のチャンネルの合わせ方、
最も効率よくこちらのエネルギーを表現する方法、
姿勢、立ち方、手足体の動かし方、歩き方、間合い、、
何気ない動作一つ一つの意味、
削ぎ落し方、、

そういう事を教えているのが、今の私です。

そして、エネルギーをコントロールする為に
最も重要なコンセプトが、

『犬ではなく、自分』

という事。
これは、私が愛犬の攻撃性のリハビリをしていた頃、
ある時点で壁が超えられずもがいていた時に、
気がついた事でした。

当時「犬」を何とかしようと、
狂ったように練習しまくっていたんですが、
どうしても犬が思うように落ち着かない。
で、気がついたんです。

『あ、これ以上は犬じゃない。
犬をやっても意味ない。
整えるべきは「自分」だ。。』

って。。

「自分の乱れが、犬を乱している」

という事を、「頭」ではなく「体感」したんですね。
まさかあの時の気付きが、
その後の私を作る『幹』になるとは、
思ってもいませんでしたが。

『犬をコントロールする=自分をコントロールするということ』

この考え方は、今までもこれからも、
私の中でブレることはありません。

エネルギーの発信源は、犬ではなく自分ですからね。
自分が出すエネルギーで、
相手に影響を与える事が出来ます。
それが、何よりも強いツールなんです。

犬をどうこうする前に、自分をコントロールする事が先。
自分が整えば、おのずと犬も整います。


犬という存在を通して、
いかに「自分」にアプローチするか。


これが、KONAOメソッドのコンセプト、

私の、やり方 です。




**********************
*Instagram Spirit wings.konao
*SPIRIT WINGS Face Book
*SPIRIT WINGSホームページ
*セッションお申込フォーム
*お問い合わせ  konao0402@konao.com

**********************