イメージ 3
こちらは、私の犬。
最近はもうずっと、3Mのルースリーシュを使っています。

IMG_6029
こちらは、先日セッションに来てくれたリーシュリアクティブのmix犬。

私が考案した『KONAO'Sルースリーシュウォーキング』を伝授すると、
みんな、犬がこのスタイルになるんですよ。

グイグイ引っ張っていた犬も、もれなく、飼い主さんの後ろを、
リラックスしたサミッシブ(従順)な精神状態で歩くようになります。

この子だって、飼い主さんの前を不安そうにウロウロして歩いて、
他の犬に吠えたり突進したりっていう問題が有った犬です。

飼い主さんはごく一般的な長さのリードを使っていらっしゃいましたが、
ハンドルしてすぐ、リードが短すぎる感覚が有りました。

段階を踏んで、コントロール方法をレクチャーしながら、最終的にこの3mリードに。

そうなった時の犬の、安堵感と言いますか。。
「ありがとう・・」って聞こえて来るようです。本当に。。

犬だけでなく、人も、楽になります。

イメージ 4
私の犬ライオンは、酷いリードアグレッションの問題が有りました。
他犬への興奮と攻撃性が高く、ハンドルがとても難しいレッドゾーンのケース。

 ↓ 昔のライオン。私もド素人です。


それが、今やこんなです。(犬の前を通過中)


もちろん、犬の様子によっては手助けするんですが、
自分で対処出来る範囲が、激増しています。
何より、初対面の犬をやり過ごす際、
ここまでのリラックス感は、今までは無かったことです。
質が違います。

私もやっと、一切のストレスを感じる事なく、
この犬を連れて外を歩けるようになりました。
7年掛かってやっと、ですね。


このメソッドは、押しつけや押さえつけではなく、
「犬を本来の自然でバランスが取れた状態に戻す」
という考え方。

人がしっかりと群れを統率した上での、
リリース(解放)、、なんです。

だから、犬が芯からリラックスします。
そこに無理が無いんです。
本来の姿に戻るだけですから・・

そして、人がそのバランスを崩さない限り、
セッション後もずっとリラックスが持続します。

使うのは、シンプルなスリップリードと、エネルギーとボディランゲージと音。

きちんと犬のメンタルをコントロールした上で、
「動物としての犬」が何を求めているのか・・
そこを理解し、満たしてあげます。

コントロール+3R(リリース・リスペクト・リラックス)

ですね。

Konao's ルースリーシュウォーキングを通して、
犬とリードやコマンドではなく、
もっと自然に近い形で繋がり調和する感覚を、
皆さんにも感じて貰えたらと思っています。


興味の有る方は現在プライベートセッションで教えていますので、
お気軽にお申し込みください。

それでは!!!


*専門家の指導無しに長いリードで犬を散歩させること、また、犬を制御出来ない状態での使用は危険ですのでお止め下さい。
*長いリードを使う際は、状況に応じてリードの長さを適宜調整し、愛犬が他の犬や人に干渉し迷惑をかけないよう十分ご注意下さい。



**********************
*Instagram Dogsspirit.konao
*DOG’S SPIRIT Face Book
*DOG’S SPIRITホームページ
*セッションお申込フォーム
*お問い合わせ  konao0402@konao.com

**********************