DOG SPIRIT

Never give up ~Dog training & Rehabilitation~

2012年06月

イメージ 1
「アハッ・・!」

昨日はアルパカの子供、、、、、

じゃなくて(笑)
トイプーヒナちゃんのセッションでした〜

ヒナちゃん、、、強烈なかわいさ!泣
うちの実家も同じ色のトイプーだったんですが、、
全然顔が違うんですけど・・!w

さてさて問題は、犬・人・車・外へ出ると何でも怖い!だそうです。

早速ポンポン登場させて挨拶!
ヒナはビビって逃げる&固まる〜
でもその必要無し!
ポンポンの匂い嗅いで嗅がれて一緒に歩く!


イメージ
「だは〜!」

お次はライオン!
ポンポンは穏やかだけど、ライオンはもっとガツガツしてて積極的。
当然ヒナは「ひょえ〜!泣」ってなってましたけど、
色んなタイプの犬にも慣れましょう〜
挨拶挨拶!

そこへ偶然通りかかった以前セッションしたカリンちゃんも登場!
カリンちゃんとも挨拶!

みんな友達になった所で私がリード奪い取り3匹で歩く〜!
最初は相当キョドって逃げようとしてましたけど、
ママさんの姿が見えなくなると諦めてちゃんと後ろから付いて来てました。

ライオンは女の子2匹の上に立ててご機嫌。
みんなの足並みを気にしながら「オレを見習えよ〜!」的な歩き。。w

歩き終わって撮った写真が上の写真。
左上に見切れてるのがヒナ。。
もうほんと、、常にすんませんすんません状態?

なんで、他犬と一緒に居たり挨拶したりまったりしたり、、出来てるヒナを沢山褒めて自信をつけてあげました。


イメージ 2
友情出演またしてもボビ!
いつもありがとう!

ボビ兄と一緒に歩くヒナ&飼い主さん。。

ドッグランに居たどデカいボクサーちゃんとも挨拶!
ボクサーちょっと興奮気味でしたけど、
これも経験経験!

(ヒナ)「こんなにでっかくて怖そうな犬とも挨拶が出来ちゃうなんて・・もしかしてヒナってすごいかも!」

とヒナ嬢自信が出て来ました〜

飼い主さんがブログにセッションの様子を書いてくださいました♪


「トイプーひな、毎日元気」
http://ameblo.jp/kiihina/day-20120627.html



ママさんありがとうございます!

これからも頑張ってください〜!

イメージ
「あかりちゃん・・・」

先日は元保護犬のシェパードあかりちゃんのセッションでした〜
問題は他犬への攻撃性。
すれ違いは、突進しまくって引きずられるのでまず無理だそうです。

なので普段から散歩ではマズルを装着しているとの事。
こういう周りへの配慮、素晴らしいですね!

さて。
試しに最初ライオン&ポンポンと挨拶!
ライオン、フガフガしてたら見事にガウられてましたけど、、、
「キャ〜!こわ〜い!」って耳倒してました。。

挨拶後に少し一緒に歩いたんですが、あかりちゃんは神経ピリピリ。

ポンポンは相変わらずどぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜んとしておりまして、
こっちをガン見してるあかりちゃんの横をのっしのっしと歩いておりました。。

ライオンの方はコントロールしてるんで何も起こりませんが、
この二匹を喧嘩させるのもチョー簡単。

あかりちゃんのナーバスなエネルギーが、
ニコニコライオンの裏の顔、、ナーバスライオンを目覚めさせるでしょう・・

でも、私がライオンと繋がってる限り、
そっちに影響受けさせないんで、平気なんです。

あかりちゃんにも、そういう風にあかりの不安をコントロールしてくれる強いリーダーが居てくれれば問題はクリアです!


BEFORE



「指示をくれ!!」って心の声が聞こえて来ます・・

っしゃ待ってろあかりん!

BlogPaint
こんなしてあんなして・・とレクチャー中の私。
(根岸さんが写真撮ってくれていました!ありがとうございます〜〜)


7402214046_1d19d81bf1_z
でもってドッグランでまったり中のパンチョ&ボビママが協力してくれました。
すれ違いの練習中。。

7402197076_347fc3787c_z
「楽んなったわぁ〜・・ハヘハヘ・・」


飼い主さんもちゃーんとあかりを従えてすれ違い〜↓

AFTER



ようやく肩の荷が下りたあかり嬢。。よかったね。。


7402248852_fe502bf482_z
「あ〜〜疲れた〜〜!」

ギャラが無くてごめんね〜パンチョ!
いい仕事してくれてありがとう!

あかりちゃんのご家族のみなさま、、
頑張ってください!

7176645698_b88f563008_z
「勝負!」

7176646322_722b175313_z
「死ね〜〜!!」

7176649462_682da2944d_z
「なんちゃって」「なんちゃって♪」

二匹で遊んでる写真をドッグランの根岸さんが撮影してくれてました〜

いや〜身内の遊びは激しいですね〜

最近はライオンが手加減して遊ぶ事を覚えたので、
ポンポンも楽しそうです。



7176652044_fb9709d5ec_b
「フガ・・!!」

↑クリックで拡大!



ね、楽しそう・・・・・w



根岸さんのサイト!
http://k9hayama.digi2.jp/

IMG_0720
「ども〜!」

今日は、ウチの犬の話。
ライオンて、実は元ヤンなんですよ。笑
最近このブログを発見された方は、知らない方も多いかと思いまして。
ビフォーアフターをご紹介します。

今頑張っておられる飼い主さんの励みになれれば嬉しいです。

ライオンを保護団体から迎えたのは今から約2年弱前。
当時の写真がこれ。↓

76e9dfb9-s


とりあえず、ワイルド?w

問題は他犬への攻撃性。アグレッションです。
リード付けて散歩していて、100M先の犬に全力で突進する状態。
すれ違いとかは、、、もう、かなりワイルドな感じでした・・

犬のみならず猫、鳥、リス、虫、、全部行きます。

ドッグランでは1分持たずに他犬に襲いかかり、、
はがしてもはがしても、何度も全力で襲いかかる・・
無知だった私は、友達犬を何匹も被害者にさせてしまった・・
(その節は本当に申し訳ありません!)

この犬、、何かがおかしい。。。なんかヤバイ。。。
途方に暮れた私、でも何とかするっきゃねー!

で、偶然知ったMASUMIさんのメールセッションを受けることに。
MASUMIさんは1ヶ月の間、毎日毎日、私の超長文メールにとことん向き合ってくださいました。。
この濃厚なメールセッションで、犬の基本、犬の読み方、、
こういったアグレッション犬を扱うに必要な知識や意識、、を叩き込んで頂きました。
MASUMIさんに出会っていなければ、今の自分は有りません!

☆MASUMIさんのブログ!
http://ameblo.jp/d911/

メールセッション卒業した後は、ひたすら毎日練習!
ハマり過ぎて頭の中が犬に侵され、犬の事しか考えらず、
自分自身もすっかり犬的思考の犬人間に・・笑
(あ、今はもう戻って来ました・・こっちワールドに。。笑)

トレーニング中は「ナゼ!?」ってくらい、事件事件、、事件の連続・・笑
挨拶で襲いかかるなんてのは序の口で、
暴れてる最中に首輪が壊れてそのまま小型犬に襲いかかるわ、、
突っ込んで来たノーリード小型犬の首もと喰わえてブルンブルン振り回しトドメ刺そうとするわ・・
柴犬にドミったライオンを押さえてたらコケて坂道を転がり落ちて私の耳が裂け・・
ロングリードでカラスの大群に突進しまくるライオンに引きずられ・・
ドッグランでの喧嘩はもう、、数知れず・・・・泣
面白ネタとしては、ドッグランのフェンスを飛び越え脱走してきた大型犬に喧嘩売られてガチンコ勝負・・とか。
ほんと、そんなんばっかの毎日!笑

しかし。
MASUMIさんや公園の犬仲間のみんな、ポンポンや家族、、に沢山支えてもらって、今ではすっかりナイスガイです。
協力してくださった方々には、心から感謝・・・

いつしかめっきり事件も起こらなくなっていました。不思議〜!


動画をどうぞ・・

BEFORE(2010年10月)






AFTER






最近は更に進化していて、
セッションに来る問題の有る犬、、の挨拶相手にライオンを導入したりしてるんですが、
以前のライオンのような神経ピリピリの犬に対しても、結構ど〜んとしてます。

自分が一役買っている事が分かってる様子。。
ていうか、私のこと信頼してるみたいですね〜ウフフ

こういう反対サイドに立つ経験もライオンはすごく勉強になっていて、
自信に繋がっているみたいですね。


この犬が来なかったら、私は今トレーニングなんかやっていなかったです。

あ、一応、、最初は里親に出す予定だったんですよ〜〜
里親会も2回くらい出席したし。笑
↓ほら。
330ca219-s

これ、背中向けて何やってるのかというと、
ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと、後ろの猫部屋の猫にロックオンしてます・・・・汗

それにしてもかわいくないでしょ?w

実際ライオンは超・不人気。
当時はほ〜んと、みすぼらしくて悲壮感漂っててカビ臭かったんですけど、
そのみすぼらしさ具合があまりにも突き抜けてて(笑)、
ウチら的にはそこにノックアウト。。

いや〜結局のところ、ウチに来てくれてほんとに感謝感謝!


とまぁそんなヒストリーをご紹介させて頂きましたが、
こんな犬でもジェントルになれますから〜!

諦めずにやって行きましょー!

イメージ 1
「ども・・ノアです・・・」

先日は超ビビリのイタグレ、ノア♂のセッションでした。

問題は、散歩で他犬に攻撃的になる、吠えかかる。とのこと。

もう一匹、この日は欠席でしたが、イタグレのメスと飼ってまして、
2匹でガウりまくって手がつけられない状態だそうです。

BEFORE
二足歩行・・・?




AFTER




めっちゃ恐がりの犬に、
犬の上を行く恐がりの飼い主さん・・・のコンビでした。

飼い主さんは、以前この子が他の犬を噛んで以来恐怖心が募ってしまい、とにかく神経質になっておられました。。

前から他犬が歩いて来ると、リードを短く持ち、ただでさえ不安と緊張状態に有る犬に向かって、「待てよ〜・・待てよ〜・・ダメよ〜・・・・大ジョブよ〜・・」って、やっていたんですね。

犬からしてみれば、ただの犬が前から来るだけなのに、
「なんだかものすごい大変な事がこれから起こる?!」
っていう心境に、、なります。。

「来るぞ〜・・来るぞ〜・・来るぞ〜〜〜・・・!!」みたいな?

めっちゃ怖えぇ〜〜〜!汗 て、なりますよね。。

これには飼い主さんも、納得してくださいました・・・


犬はというと、カラーを正しい位置に付けかえ、興奮して吠えかかる以外の対処法を教えてあげたら、すっかりサミって何も起こらなくなりました。


イメージ 3
最初は飼い主さんを引っぱって歩いていた歩きも、後半はこの通り。。
「恐れ入りました・・」


挨拶も上手で友達犬も出来ましたよ〜♪
一緒にマッタリしてても何も起こりません!

人間が悪いイメージに取り憑かれてしまうと、
人の緊張、不安、恐怖心、、が犬に伝染して、
イメージ通りの悪い結果になってしまいます。

でも、トラウマや恐怖心が飼い主さんに有るのは当たり前です!

こう見えて私、、、
ライオンの野獣時代、、私自身が全くの素人でトレーニングを始めたばかりの頃は、
外で犬を見かけると、ガタガタ震えて脂汗止まらなかったんですよ〜〜〜♪
超、ビビりまくってました。w

だから、お気持ちよ〜〜く分かります。

この恐怖心を克服していくのが、一番大切で一番大変なんじゃないかなぁ。。

でも、正しい導き方を習った後は、ひたすら練習あるのみです!
最初はフリでもいいんです。ビビって無いフリ・・
場数を踏めばおのずと慣れてきて、そのうち本当に怖くなくなります。


ノアママさん、、頑張ってください!




はい、今日はゴキゲンな日!
散歩は朝早めで終了!
犬達はいい感じにまとまっててライオンもめっさいい子。だから私も機嫌よし!w


イメージ 1

そのまま海へ直行!
小波だったけど人少なし!
久しぶりの入水にてかなり色白な私・・
そんなだけど心はいつだってサーファーですから!

ボチボチ楽しんでさくっと上がり、ソフトクリーム食べながら海を眺める!

いい感じに黄昏れるつもりが、いかんせん寒し!!泣

たそがれもほどほどに、車に逃げ込みそのまま西友へ直行。


イメージ 2

シャクヤクの花がなんと半額だったもんで、
それと今夜のクリームシチューの道具、そして日々の糧、旦那さんに頼まれてた花の土も頑張って購入!
乗せたカートの足下がイカれてて、
土が重くて余計に真っすぐ走らないもんだから、
若干斜めに傾いた駐車場のコンクリの上でもがきながら車に積む!



イメージ

犬達はこうしてソファーの上でくつろいでいて、
いつだって私の心をいやしてくれます。

今日は自分一人で充電する日。
海入ったらすごい元気になって、色々やれる気がしている!

だからこれから絵をガッツリ描いてみせる!w

寝るな自分!!

そして明日はセッション!


イメージ

スタンプーのアリー♀とベック♂。

メスのアリーが歩く時に常に前に出てしまい、
戻しても戻しても、また前に出て飼い主さんをグイ〜ンと引っぱるそうです。

で、アリーがすれ違いなどで他犬に吠えかかり、
それがオスのベックにも伝染して二匹でガウるとのこと。

実はこの2匹、、飼い主さんは以前数年間トレーナーさんについてトレーニングを重ねており、
服従訓練をがむしゃらに頑張られ、訓練スクールで犬の行動学を学ばれ、、
優良家庭犬の認定テストにも合格。

それなのに、散歩でのコントロールが出来ない。
テストでは出来るのに、生活の中にそれを生かせない。

そういったお悩みでした。


早速犬達の歩きを見せてもらいました。



すれ違いです。
横に付いて歩いていても、尻尾ビンビン、体も緊張、なによアンタ!というドミナント心理で歩いています。




興味の対象がある時はこんな感じで引っぱる。

白い子がメスのアリー。
この子は、以前のトレーナーさんの元、メッタメタに強制訓練をされ、鍛えられまくったそうです。
コマンドは全ておやつを沢山使って、、、
そして犬が悪い事をした時は「周りがびっくりするぐらい大声で叱る」と習ったそうで、飼い主さんはあまり大声で怒鳴ったりすることが出来ず、ご自分が怒鳴れないからいけないんだ、、と一時は落ち込んでおられたそうです。

まずはカラーを変え、正しい歩き方をお教えしました。
そして、オヤツでコマンドが出来ても意味が無いこと、、
大事なのは声の大きさでは無い事、、
生活の中でどう犬をコントロールしていくのか、、
なぜコントロールする必要があるのか、、、

じっくりお話させて頂きました。

アフター動画です。
白のアリーは完璧に肩の荷がおりてサミッシブ。




大事なのは形だけ横を歩かせる事ではなく、どういう心理状態でいるかということです。




この3匹の大型犬には、1回目のすれ違いでガウガウ。
でも、正しく犬の心理をコントロールしてあげれば、問題ありません。



でもってこの子はボールに執着があり、自由時間にボールをだせだせと吠えてず〜っと要求するそうです。
そういう時はスワレで座ったらボールを渡していたそう。

でも、形は座っていても、犬は相変わらず興奮したまま。
心理的には「出〜せ!出〜せ!」と拳を振り上げエイヤー!したままです。。

その状態でボールを渡す・・=犬の要求をこちらが飲んでいる図式になります。。。
座れが出来ても、その時の犬の心理状態が引き続き興奮していれば、座れの意味が無い。。


いきなしウチのライオンの話ですが、
ウチらって、もう死ぬほどリーダーウォークの練習していて、
ちょっとした体の向きとか動きの変化で犬を右にも左にも前にも後ろにも、、出来るんですね。
これは、ライオンと私だけが知っている、体で覚えたフォーメーション、、というか。。

で、ライオンって先読みする犬で、
私が犬をコントロールするはずのそのフォーメーションを使って、
自分が行きたい方向を示す時があります。

どうしても嗅ぎたいスポットとか?
有ると、私をそっちへ動かすように、自分が歩く位置を調整して逆誘導するんです・・・・・

具体的には、例えばですけど、
私の左後ろに下がって、右側のスポットへ私が進むように誘導してきたり。。。

決してグイグイとリードを引っぱって匂いを嗅ぎにはいかないんですね、
それはNGにしていますから。。

だもんで、フォーメーションの抜け道を使って、そこへ到達しようと試みる訳です。
さりげな〜く。。誘導行為・・・これも立派な要求です・・

てことで、そういう時は逆フォーメーション崩しという裏技を使って、
「そうはいくかぃ!」と逆逆誘導・・・笑

「チッ・・!ダメか・・byライオン」

そういうだまし合いを、私達は常にやってます。。笑
面倒くさい時は「はいはい・・」って聞いちゃうんですけどね。^^;)


話が逸れましたが、、アリーのボールくれ!の座れも同じです。
犬に逆に要求されてることって、結構あるんですよ〜〜

その後はきっちりボールの執着も取り、
ルールの中で楽しく遊んでめでたしめでたし・・・・


アリママさんからお土産を頂きました♪
手作りのアキレス〜!
ありがとうございました!

イメージ 10
ゴチでーす!


イメージ 9
うがー!

先日、ライオンに卵の白身をチンしてあげてみましたところ・・
ガッツいたら熱くてびっくりの様子。

イメージ 3
「・・・・・・・・」

洗い物しながらふっと見たら、この体勢で卵を見つめながら固まってました・・笑


イメージ
「気合いだ・・・!!」

得意の気合いで再びトライ!


イメージ 5
「!!・・・・・・」

やはり熱くて恐れおののくライオン。。


イメージ 4
「無念・・」




イメージ 7
「ち〜〜っす!」

先日セッションさせていただいたボーダーコリーのエース♂で〜す。

お悩みは、すれ違いで相手によっちゃぁガウる、
ちょいちょい人より前に出る、、
飼い主さんと離れて待たせると吠える、、


イメージ 6
「だは〜〜〜〜〜〜!」

セッション前に散歩してたらバッタリ出会いました。
挨拶して友達になった3匹。
エースは、ポンポンライオンにはガウらず。

ライオンがちょっとだけエースの顔面フガフガして挑発してたけど。。汗
こういうの、全部私がコントロールするんで、エスカレートせずに済みます。
これをやらないで放置するから喧嘩になるんですよ〜〜〜

その後一緒に歩いて3匹はいい感じに仲間になってました。


さて。。
エースのビフォー動画です。。

ドッグランでフェンスファイト中・・


すれ違いでドミっております。(後半画像の乱れが。。笑)


こちらもさりげにドミっております。



飼い主さんは既にトレーニングに真剣に取り組まれていて、
横付いて歩く事やコマンドもちゃんと特訓済み。

でも、最後のツメ的な部分が分からず、相手の犬によってはガウったりちょいちょい前に出たり、、っていうのをコントロール出来なかったそうです。

前に出る犬を下がらせるにも、
既にリーダーウォークを沢山練習されているので、
今やその技では犬に効果が無いんですね。

私自身も、ライオンが前に出てくるのにほ〜〜〜んと、せめぎ合い?笑
を経験していることから、自分なりに色んな技を考案?して、後ろに下がらせる研究??笑
してきました。。

なので、足技音技手技で下がれ下がれ!を色々伝授させていただきました。。

もちろん、すれ違いも沢山練習!


エースが必ずドミるという、大の苦手なフレブル?ボストンか??
がなんと絶妙なタイミングでご一行様にて登場!!余裕です。


超わっさわさの2匹と接近。1匹は興奮、もう1匹はナーバス。。とってもハードル高し。でも余裕で無視。エライ!エースが穏やかなんで、相手の犬も吠えずに居ます。


こちらもワサワサの2匹連れとすれ違い。


飼い主さんはすぐにコツを掴んで、自身満々でエースを従えるドミメスに。
素敵です。。

セッション中に近寄って来た興奮バセンジー二匹にも、余裕でお尻差し出し。
イメージ 8

バセンジーは匂い嗅いだら気が済んで退散。
決して向こうはお尻を嗅がせてくれませんでしたけど・・・(出た、嗅ぎ逃げ!)
ま、それすらも暖かい目で見送れるくらいの余裕を持ちたいもんです。。


こういう場面で、しっかり場を取り仕切り、犬をコントロールして、危険を回避する・・
そういう事を沢山やっていくと、犬の中に飼い主さんへのリスペクトが自然と芽生えます。

すると、歩く時にあんなに色々やってもまだ前に出てくるムッツリドミの犬が、
自然と後ろに下がるようになります。

表面的なテクニックで後ろに下がらせようとしても、犬によっては、ある程度の所で限界が有るように思います。
そこから先は、もっと心理的な問題というか、、、そんな感じ!(ローラかよ!笑)

でも、本当に大事なのは犬がどの位置を歩いているかではなく、
どんな心理状態で居るのか、、ということ。です!



エースママおつかれさまでした〜〜!
頑張ってください!






イメージ

今朝は散歩中に出会う犬に吠えかかる、、という問題のるぅちゃんセッションでしたー

まずはBEFORE動画。。






超ビビリで、どうすれば良いか分からない状態の犬を放置すると、こうなります。
「自分で対処しなくては・・!」と過剰防衛。

るぅに必要なのは、「こうしなさい!」ってるぅをコントロールしてくれる強い人!!

と同時に、あれ?ビビる必要無しな感じ・・?と体感していく事で許容範囲が広がっていきます。


私がリード持って、試しにいつも吠えかかってしまう苦手なサルーキ兄弟とすれ違い。
はい、行きます行きます。
発作的に反応します。
見つけた瞬間、るぅはビビって臨戦態勢になるんですねー

いつもこうやって対処しているんです・・by犬

あ、そう。
でもはぃそれ禁止ー
テンパる必要なし!
はぃそこ座って!
ここはアタクシの仕切りなのよ〜あんたは後ろにすっこんどって!

でもってはぃ自己紹介〜〜
お尻嗅がせて〜?
サルーキの尻も嗅いで〜〜?
はいめでたくお友達!
はいそこ座ってボ〜っとしてて!

って、仕切りまくってあげると、るぅちゃんすっかり安心してサミッシブです。。

私の後ろにチョコンと座って怖い怖いサルーキ達(笑)を観察。。
サルーキ達はるぅちゃんなんか毛頭眼中に無し・・・
ひとりでテンパっていた自分に気がつくるぅ・・

「あれ。。アタシの勘違い・・・?」

落ち着いて見てみたら結構優しいじゃん。。。テンパる必要なかったかも。。と体感する訳です。。。


結局サルーキとお友達になって、一緒に散歩してその後はるぅちゃんちにサルキ兄弟遊びに行ってめでたしめでたしだったそうです。。笑

AFTER

歩き完璧!


すれ違いも頑張る!


てかビビリすぎ。笑 腰抜かしてるし・・・・


こういう時でも飼い主さんが落ち着いて「ビビる必要な〜し!」ってやってあげればるぅちゃんもリカバリーします。

ちなみにこのでっかいバーニーズとも後ほどお友達に・・・


飼い主さんは、以前にトレーナーに頼んだ際に、
るぅは犬が苦手な子だから、ドッグカフェやドッグランには連れて行かない方が良いと言われたそうです。
そりゃ、飼い主さんが全く犬をハンドルせずに、犬任せの状態でそういう所に放り込んだら、、、犬はかわいそうです。問題も起こるでしょう・・

でも、飼い主さんがガッツリと上を握り、るぅちゃんや他の犬も読めて、ちゃーんとコントロールしてあげられれば、ドッグランもドッグカフェも行ける子です!

まぁ、、犬がそういう場所に行きたいと思ってるかどうか、、は別として・・
マナーの悪い犬が集まるドッグランなんかは入れるべきではないですけどネ。。。

でも既に今日、サルーキと若干遊びたそうにしておりました。。
ポンポンとも遊べるだろうな〜〜

どういう子だったら遊べて、どういう子だったらトラブルになるのか、、、
そういうのを判断してあげるのも飼い主の仕事!


飼い主さん、るぅちゃん、、練習頑張ってくださいね〜!
ありがとうございましたー!

イメージ 1
「撮ってるのね・・?」

昨日は元保護犬トコちゃんのセッションでした〜

問題は、ハイパー&興奮。
散歩で引っぱりまくり、リードを激しく噛むなどなど・・

他犬とのご挨拶でも、ハイパー故、、相手にガウられることもしばしばとのこと。

まずは恒例の歩き方を見せて頂きました〜

BEFORE






トコちゃん好き〜に歩いちゃってますねー
主導権はトコちゃんに有り!!の状態です。。

何か興味の対象が有ると余計に引っぱるんで、
首輪が苦しくてぜーはー言ってます。

歩き姿には犬と飼い主の関係性がよ〜〜〜〜く現れますよ〜〜
歩きはホントに重要です!!

この後芝生で犬と一緒に走り回ってもらったんですが、
トコちゃんわほ〜〜い!と興奮すると、リードに噛み付きっぱなし。
飼い主さんが「NO!」と言ってもあまり犬に届きません。

そう、、
人間が上を握れていないんです。
だからこちらのNOの本気度が犬に伝わりません。

トコちゃんは興奮しておちゃらけることで、
その場をコントロールしようとしています。。。

遊ぶのはいいの!
でも、リードに噛み付いたり、飼い主さんに飛びついたり、、、はダメ!
きちんとルールのある中で自由を楽しむべし!

興奮のリミットも飼い主さんが決めてあげないと、
犬はどこまでもエキサイトしてゆきます。。

そして私が気になったのは、
お子さんに興奮して飛びついたり、歯を当てたりするという事!

トコちゃんが加害者にならない為にも、子供さんが思わぬ怪我をしない為にも、
ちゃんとトコの興奮を飼い主さんがコントロールできるようになる必要があります。

そのための基本のキ!
散歩の歩き!

歩きで主導権を握れずして、イザという時犬の興奮はコントロールできません〜!

てことで、正しい歩き方を伝授〜〜

AFTER


こっちの方が犬も楽なんですよ〜〜〜

トレーニングがかわいそう??
いやいや、興奮している犬を放置してぜーはー引っぱらせる方がよっぽど虐待です!
興奮している犬を放置したまま他犬と挨拶させる方が、よっぽど危険なんです!!

犬の安心・安全を守ってあげるために、犬をコントロールしてげるんですよー
それが出来る人の事を、犬は「チョー尊敬〜!」ってなりますからね〜


さてさて。。
この後いつもはガッツくおやつも無視して飼い主さんのCOMEも聞けるようになり、リスペクトを覚えたトコちゃん。


イメージ 2
「一皮むけたわ〜〜」

最後には耳ペッタンコのサミメス(サミッシブのメス・・w)に大変身。

お母ちゃんはすっかりドミメスに大変身。笑


これからも頑張ってくださいー!

イメージ
「ども〜♪」

昨日はボステリJam君のセッションでした。

問題は、人と出会った時の興奮飛びかかり、、
そして同じく、、犬との挨拶での興奮。

BEFORE


とまぁこんな風に、顔に向かって突っ込んで行く突進挨拶。。
あ、Jamくんタマ付いてますちなみに。。(これから去勢予定だそうです)

で、この動画はメスですけど、相手がオスの場合、もっとガッツリ顔に行きます。

こういう興奮状態で犬任せの挨拶は、バッドマナーです。
ちゃんと相手犬に配慮した近づき方をさせるべし!
犬は本能のままに行動しますから、それをコントロールしてあげるのは飼い主の仕事!

ちなみに、人間に対しては更にひゃっほ〜〜い!!なご挨拶でして(^^;)
最初私にも飛びかかって興奮して跳ね回っておりました。。



AFTER

静かに近づく事を覚えました〜良マナー犬に大変身。


犬との挨拶もこの通り!


セッション中、草原に座って飼い主さんと話ていたんですが、
その時にJamが私に突進して来て足に飛びかかって来たんですね。

そんときに「勝手に近づくな!」ってチョン!とやっただけ。

勝手に人のパーソナルスペースに飛び込んで来て、
興奮して足に飛びかかったり、ヒザに乗ってきたり、、、
私、それやられるのすごい嫌いなんですよ。。
ドミナントな犬だったら、当然「無礼者!」とやりますからね。

近づいて来てもいいんですけど、その興奮状態で来るのはダメ!
落ち着いて、相手をリスペクトしながら近づくように教えてあげました。

で、それからはす〜〜っかり耳ペッタンコ、歩き方も別犬。
めっちゃ良い子です。。
人間が上握ってしっかりコントロールしてあげたら、
5分後には芝生でウトウトしはじめるJamくん・・・

犬もこの方がず〜〜っと楽なんですよ〜

で、犬との挨拶も練習しまくりです。

(友情出演ボビ)
イメージ 3
嗅いで・・


イメージ 2
嗅がれて・・・・・


イメージ 1
すっかりリラックス。。
向こうの犬達をリスペクトしてエライ!

外で犬が沢山居て、こんなふうにリラックスなお姿は初めてだとか。
とにかくひゃっほ〜〜〜イ!でしたからね〜笑

人間大好きのJam。
これからは良マナー犬としても〜〜っとみんなにかわいがってもらえますね〜!

どうもありがとうございましたー!

イメージ 5
こう見えて結構アスリートなポンポン!

でも、、ライオンみたいに空中キャッチは出来ず。笑
転がったボールを拾って逃げるのみ。。。


イメージ 4
「だは!オレってイケてる〜」

最近リュックを新調しました。

前のリュックが小さすぎて荷物パンパンなんで・・・
今度のはデカくて何でも放り込めるからほ〜〜んと、助かってます。



イメージ 6
で、土曜日は逗子海岸の花火でした〜

砂浜の最前列を旦那ハンと陣取って見てたんですが、
花火に合わせたBGMがガンガン鳴ってて、めちゃ楽しい〜〜!

ホイットニーの「エンダ〜〜〜イア〜〜♪」に合わせて花火ドカ〜〜ン!
ドラマチックだわぁ・・笑



イメージ 7
ライオン「ポンポンって何歳?」
ポンポン「知るか!」



イメージ 8
絵を描き始めてます・・・・

イメージ 2
「だは〜〜〜〜〜〜〜!」

今日は元保護犬レオンのセッションでした。

保護前はずっと庭に隔離されて生活していたそうで、
今の里親さんの家に来てから、散歩で犬にガウる突進する、家族に歯を当てる などの問題が勃発。

48Kgの巨体で引っ張られたら、そりゃぁ大変です・・
だもんで、飼い主さんは散歩でも犬を避けて避けて、歩いていたそうです。


BEFORE





これ、どちらも相手はメス、そしてレオンには興味無しという、
相手が良いバージョンです。。

これで向こうがタマ付きのオラオラ犬だったりなんかしたら、、
更にファイヤーします。笑

レオンは、相手の犬に興味が有ってお近づきになりたくても、
どうやればいいのか、、方法が分からんのです。。

「こうしなさい!」って教えてあげる人が居れば、こうなる訳です。↓

AFTER

飼い主さん別人レオンも別犬〜!




2個目の動画、、
すれ違っているケルピーは先日セッションした吠えまくりのカリンちゃん・・
(http://konao.livedoor.biz/archives/1777949.html)

飼い主さんが見違えるようにたくましくなっておられて、嬉しかったです!
カツン!と迷い無くコレクションが入って素晴らしい〜!

セッション後も努力されている姿勢が伝わってきました。。
カリンママ、ナイスファイッ!



イメージ 1
レオンはパックウォークも上手!

今までは怖くて他の犬に近づける事も出来ない状態だったそうなんですが。
むしろめっちゃジェントル。
ドッグランの中の犬ともフェンス越しに挨拶挨拶!
友達出来てウレピ〜のレオン。。

ドッグランにブチ込むだけが犬の交流とは限りませんよ〜〜
一緒に歩くだけの方がよっぽど良質な犬交流だったりします。


イメージ
歩き姿もこ〜んなにサミッシブ。。


オヤツを見せると興奮して勝手に食べようとするレオンでしたが、
目の前にオヤツが落ちてもちゃーんと食べずにリスペクトできるようになりました♪

こういう所有権の主張とか、細かい事が、大事なんですよ〜〜
「ぜーんぶオレの!」ってなってるから、問題が発生するんです。

いやいやいや、、ぜーんぶ、あ・た・し・の!!!!

って、何でもかんでもエゲつなく主張しましょう♪笑

こっちが主張しないと、家もソファーもご飯もオモチャも、、、、犬の物になっちゃいます。
するとどうなるかってーと、
それを侵そうとする者に、「オレ様のもんだ!触るな!!」と唸ったり噛んだりする訳です。

そうしてあっさり犬に上握られてしまうってこと〜!


レオンママさん、、
これからもレオンを守れる肝っ玉母ちゃんになるべく、、頑張ってくださいね〜!

このページのトップヘ