DOG SPIRIT

LEAD WITH ENERGY

2014年07月

ハウスがお気に入りだってこと、遂に認めたポンポン・・

以前は言われた時しか入らなかったのが、最近は自ら入ってくつろぐように。

イメージ
「・・・なにか?」

本当は前からオキニ〜〜だったくせに、「気に入ってなんか、ない!」とツンデレしていましてね。
ようやく素直になったようです。笑


今日は公園でギャン吠えトイプーに遭遇。
あらま〜ビビリドミ・・と思って良く見たら、ん??この子、知ってる!
以前セッションしたトイプーでした。

ご無沙汰しております〜なんぞ挨拶してる間も、ウチの2匹に向かって吠えまくり。ギャンッギャン。

犬を連れていたのは飼い主さんのお母様、、トレーニング、半分諦めてしまったようです。。
「どうしたら良いのかしら・・」と吠える犬を止められずにお困り。

これが見知らぬ犬と飼い主さんなら、私も「大変ですね〜」で終わりなんですけど、
トイプーAちゃん、、ここで会ったが運の尽き・・

腹の底から息をおぉきく吸いまして、

『ヘイ!!NO!!!!』

と一喝!

まさかの反撃に「な、、何者・・!?」と吠え止むトイプーAちゃん。
敵陣からの「座れ!」の指示で「は、、すんません・・」と着席。

サミったAちゃんとそのままパックウォーク。
あんだけ吠えてたのに、ライオン、ポンポンとも仲良しで全く問題無し!

犬が悪いんじゃないんですよね。
しいて言うなら、電車で騒ぐ子供を放置するか、ちゃんと向き合って躾をするか・・の違い。

もちろん、上手く行かない時も有るけど、諦める=放置していたら、治るものも治りませんからネ。

飼い主さん、諦めないでまた頑張ってもらいたいな〜〜
ちゃんと上さえ握れれば、と〜っても良い子!!


私、飼い主さんにやる気が有る限り、何度でも一緒に再チャレンジしますからね。
恥ずかしくって見せられない〜〜なんて思わずに、いつでも門を叩いて下さいませ!



あら、もう、24時?
今日は衣替えでもしようかと思っていたのに、既に明日・・。
風呂入って、ねまーす!





週末は海へ山へと遠足続きでした。
あまりの暑さで、住宅街は歩けない・・
早起き出来れば良いんですけど・・起きれない・・



この後ライオンは泳ぎまくってヘロヘロ。
ポンポンも、この日は頑張って泳ぎましてね〜〜

帰って行き倒れ・・・・

イメージ 1
コッテリ・・

イメージ
また別の日。
ライオンとロザリー、仲良し!
お互いにアグレッション持ちなんですけど・・
人次第でカップルにもなれる

イメージ 2
ライオンの背負ってるリュック、「中身何入ってるんすか?」とよく聞かれます。

どうやら、砂袋やら?ウエイトやら??イカついもんを入れてると思われるようです・・

なんてこたない、、中身は保冷剤と、ロングリードと、うんこ・・
それと、私の髪留めも。笑

荷物はぜ〜〜んぶ、ライオンの背中にブチ込んで、人は手ブラ。

荷物運びを己の仕事と認識しているライオン、
荷物の出し入れが必要な時は、自ら座って良い子にしてる働き者!

今日は、長過ぎる髪を切りに美容院へ。
サッパリしましたわ!







先日のセッションの話し。

来てくれたのはオスのコーギー、ルナ。
問題は、散歩での他犬に対する吠え掛かり。

犬発見中の写真・・
1391935589336-1
先頭で警戒態勢になってるのがルナ。
後ろに居る2頭は先住犬。

後ろの2頭とルナ、同じように犬を発見していますが、心理が違います。

後ろの2頭は耳が後ろに倒れてる。
前方の犬を気にはしていますが、「何か来たわね・・」「そのようね。。」ぐらいなモンで、意識が半分飼い主さんに有ります。
だから声が届くんですね。

一方ルナは、耳がピーンと立って、頭の位置も高く、体も前傾姿勢。
前方から近づく犬に本気で警戒してます。
『不安です!』と顔に書いてありますね・・

怖いから、不安だからこそ、強気に出るんです。
「や、、やったるで・・」と。
そんな度胸は無いくせに・・無理して気張ってるんですね、ルナちゃん。

しかもですね、、犬の居る位置を見て下さい。

飼い主さんより「前」に居ますね。先頭に・・
これは、群れを守るポジションです。
犬がここに居ることで、余計に「オレが何とかしなくては・・!!」という心理になります。

だから、こういう怖がり犬は、先頭立たせちゃダメなんですよ〜。

あれ、今日はちょっと、サービス気味?
こういうの詳しくセッションで教えてます・・

さて。ビフォーはこんな感じ。↓


居合わせたケンちゃん一家さんに、練習ご協力頂きました。
いつもありがとうございます〜!

3頭引きだとほぼ全ての犬に吠え掛かる、、との事でしたが、
道具の使い方、正しいタイミング、、を治しただけで、全く問題無し!

色んな犬と遭遇しましたが、「お母ちゃんにお任せします・・」と後ろに下がってしおらしいルナに変身。

飼い主さんに犬の心理を理解して頂き、
ルナを守る方法を、学んでもらっただけです。

イメージ 9
ケンちゃん一家の皆様とパックウォーク。

イメージ 8
コーギー同士、ポンポンもパックに追加。

飼い主さんの意識もすっかり群れを守るドミメスに。
「アタシの群れで余計な事してんじゃないわよ!下がらっしゃい!」
とやって頂ければ、OKでございます。。

これにてお役御免のルナ。これからは強い母さんに守ってもらいなさい!

(あ、痛い事はな〜んにもしておりませんよ〜)

どうもありがとうございました。



暑さが本気出しつつありますね〜
プール買いたいな・・

昨日一昨日と近辺で花火大会。
時期的に花火や雷を犬が怖がる、、という相談を受けますが、
大体、どの方も同じ間違いを犯してます。

怖がる犬に対して、「大丈夫よ〜・・・・」と優しい気持ちでナデナデ・・

これは、怖がる犬を褒めてるのと同じ事。
だから犬は不安から抜け出せません。


さらに、こういう時飼い主は、犬を心配した『不安なエネルギー』を発しているはず。

「どうしよう、、我が子が怖がってる、、可哀想・・・」

これは犬から見れば「ウィークエナジー(弱い気)」でしかありません。
頼りにならないどころか、一緒に居るともっと不安になる。


さて、、
我が家でもライオンが雷を怖がりますが、基本的には 完璧無視 です。

私の後を付いてまわったりする時は、むしろ「邪魔!」とどかしながら歩いてます。
鼻なきでもしようものなら、「HEY!!」とコレクション・・

犬の不安には一切同調しません!

「ビビる必要ねーし。」という態度を貫きます。

そもそも私、雷が鳴ろうとも、地震が来ようとも、一切無反応です。
顔色一つ変えずに携帯いじってます・・
それを見て、犬も安心するんですね。

飼い主が「あ、雷!!光った!!」とか反応すると、余計に怖がるようになる。
何が起きてもフツ〜〜にしてるのが一番。。

それでもダメなら、ハウスにブチ込んで布掛けて放置!
ハウス=安全地帯。巣穴に避難させます。

ハウスが無ければ犬ベッドに「フセ!寝てろ!」でも良い。
「どうして良いか分からない〜〜・・」の犬には、毅然とした態度で指示を出す!

自分に置き換えて考えてみて。

地震が来て、「どうしようどうしよう」と右往左往してる時、一緒に居る人が「そこに座ってろ!」と言ってくれたら安心しません?


怖がるにもレベルが有りますから、
我を忘れる程のパニックであれば、また対処は変って来ますが・・・

くれぐれも、犬と同じ心理になっちゃ〜いけませんよ〜〜〜!


ささ、今日は、コーギールナちゃんのセッションレポを後ほど・・のよてい。

まずは散歩行ってきま〜す。




8月は暑いし、どうしようかと思っていたんですが・・・
やっぱ、夏の思い出作りにPW・・・やりましょか〜!!

普通の場所は暑くて歩けませんので、ハイキング〜川へ遊びに行きます。
向かう場所はこんな感じ。

IMG_6588


↑この時のレポはこちら。

日時:8月9日(土曜日)9:00集合
場所:葉山の公園(お申し込み時に詳細ご案内します)
料金:1頭¥3,000
参加条件:セッション受講済みの方・1人につき1匹・避妊去勢済みの犬のみ。


(注意)ずっと日陰のハイキングコースですが、熱中症対策を各自お願いします。
お足元サンダル・クロックスは滑るので危険です。
スニーカーや登山靴など、足を覆った滑りにくい靴でお越し下さい。


お申し込みお待ちしています〜!

パックウォークお申し込みフォーム

2度目のUP。下にミニピンきなこのレポ有ります、そちらも見てネ。

今日は3連休の最後。
ここのとこ休日は遠足続きだったんですが、久々にいつもの公園をパトロール。

してましたら、ま〜〜〜公園が大にぎわい!
子供も大人も沢山で、あっちゃこっちゃから犬!犬!犬!

木に括り付けられてる大型犬、暴れながらギャン吠え。
その先に、ベンチで休んでるダックス、こちらもギャン吠え・・・
そこへ前から後ろから、犬が接近、ギャン吠え大合唱の中、色んな犬とすれ違い。

どうです?面白そうでしょう〜〜!?笑

こういうのは、もはやゲーム感覚。

マリオと一緒!

ライオンはカラスやリスにも行くんで、犬難関をクリアしたと思ったら、後ろに居たカラスに気付かなかった・・ 惜しい〜っ!!なんて事も。

難関は、ゲームと思って楽しめるくらいの余裕が有ると良いですね〜。


ま、アクシデントも多数、、でしたが・・

ノーリード犬がウロチョロ・・・
飼い主から逃げて一人で走ってたり・・・
ギャン吠え小型犬がうちら目掛けてダッシュして来たり・・
飼い主、ギリギリで捕獲・・・・

あぶないですね〜、こういうの。

近づいた相手が悪けりゃ殺される可能性も有りますからね。
あ、ライオン、ハンドルしなければ、パックリ咥えて放しませんぜ。

我が子を守るためにも、周りに迷惑を掛けない為にも・・・

リードを手放すな!!!

と今日も声を大にして言わせて頂きます。。






イメージ 4
先日のセッション、きなこ(ミニピン・メス・9ヶ月)の話し。
もっとパピーの頃に一度セッションして、PWにも参加してくれました。

散歩の歩きを見直すと、意識ブっ飛びで飼い主さんを引っ張る引っ張る・・
犬と飼い主さんは物理的にリードで繋がってるだけで、心理的な繋がりは無し。
だから、人か指示を出しても、犬には届かず。

むしろ「それどこじゃねーし!」なんですね〜、きなこちゃん。。

前回はな〜んにも知らないパピーに歩き方を教えたんですが、
こりゃもう少し、しっかり飼い主さんにレクチャーしなくては。

興奮してドミってるきなこから、主導権を取り返して頂きました。
ほんの数分ですかね〜〜、
歩き方をちょっと変えただけで、飼い主さんの後ろを付いて歩くようになりました。

イメージ 3
「は〜、楽になった・・」

最初は耳も尻尾もビンビンにドミっていたきなこ、サミりました・・
これでいいんです!こうじゃなくちゃ、ダメなのよ〜。

イメージ 5
飼い主さんときなこ。

「座れ」もふざけて中々やらなかったんですが、ちゃんと一発で座るように。
「やりたくなくてもやりなさい」と教えただけ。
(あ、力はつかいません・・)

これで立ち話中やマッタリ中に、ウロウロ興奮しなくて済みます。

イメージ 7
ポンポンとも遊んで、リラックス。

きなこ、弾丸のように走り回って遊んでいましたが、ちゃーんとポンポンの顔色を見ながら、上手に立ち回っていました。
いきなり飛びついたり、スペースに踏み込んだりの無礼な態度はせず、距離を取ってリスペクト。
ポンポンの咥えたボールは欲しくても我慢・・
弾丸走りしながらも、争いにならないように、空気は読む!
問題無し!

飼い主さんがブログに感想を書いて下さいました。
どうもありがとうございました〜!

きなこ〜さらなる進化〜

イメージ 1
「ぐぬぬ・・」

今朝草むしりしていてハっと振り返ったら、ライオンがこんななってました・・笑

再現VTR。



イメージ 2
「ゲッツ。」

かわいいライオン。

先日、ポンポンとドッグランへ入場しましたら、
初めて会う中型のオスが1匹。(その他に常連のメスが数匹)

中に入ると、遠くから胸張ってポンポンに一直線。

あらら、ドミナントやね〜、、と思いながら挨拶を見ていましたら、
この犬、まだ2歳くらいの若造なんですけどね、
挑発的に顔の匂いを嗅いだ後、
大胆にもポンポンの首元にアゴを乗せて来ましてね。。

これにはポンポンもブチ切れ・・・「無礼者!!!!」と喝が飛びました。
相手は「うるせーな!怒」と引かずにガウガウ。

私が一喝して両者を離しましたが、隙あらばまた挑発しにくる若造。
分かってて顔に来るんですよ。「おっさんナンボのもんよ」と・・
んでま〜た、ガウガうと口喧嘩。

この犬、まだ負けた経験が無いんでしょうね。
大した事無いくせに、とにかく自信満々!

私、こういうのは遠慮なく、人様の犬であろうが、コレクションさせて頂きます。
「下がらっしゃい!それ以上近づくな!」と。

我が子がストレスを感じないように、守ってやるのが私の役目。

平和は勝手には訪れません。人が介入して築くもの!

私が介入しなければ、ポンポンがキレますから。。

相手の飼い主は、止めに来ませんし、ベンチに座ったまま、「あらあら、、」と見てるだけ・・。
残念ながら、全く犬が読めていないんですね。

皆さんも、ぜひ覚えておいてください。

相手の首元や背中に上からアゴを乗せるっていうのは、ドミナントな行為です!

特に、初対面の挨拶でこれをやるっつ〜のは、超無礼な態度。
喧嘩売ってるも同然。

ポンポンはとってもドミナントな犬です。
若いオス犬のドミ行為、しかも、新人さん・・・黙っちゃおりませんよ。
もちろん、それは私がやらせませんけど。


この飼い主さん、トレーニング通ってるそうで、スワレ!マテ!コイ!と披露しておられました。

が、実際喧嘩になりそうな時に「ヘイ!来い!」とやって我が子を守れなければ、意味がない・・

こういう場所で他犬と交流させるなら、
犬同士の心理の変化、喧嘩の原因、ボディランゲッジ、サイン・・
そういう事を、一緒に学ばなくちゃいかんのです。

スワレやマテが出来りゃ良いってもんじゃない。

犬の心理を読んで、危険から守る。

それが出来てナンボ!!


っと、お食事ライオンから随分と真面目な話しになってしまいました。

8月は、そろそろPWの予定を組みたいと思います。
暑いんで、また、川下りかな〜〜と!
8月中〜後半の予定です。
もうちょっとお待ち下さいね〜〜

先日、プロングカラーを付けてる大型犬と遭遇しまして。

あ、プロングってのは、私もよくセッションで勧めるトレーニング用の首輪です。

内側にツメが出ているので、虐待道具と勘違いされてる人が多いんですが・・・とんでもない。
正しい使い方をすれば、普通の布首輪よりず〜〜っと、犬に負担なく、少ない力で合図を送れる道具です。

そう、、正しい使い方をすれば・・・・・・

こないだ遭遇した大型犬、プロング付けてるけど、完全に間違った使い方でした。

まずサイズがデカすぎて首元にブラブラ。
リードは短く張ってる=常にプロングが首を刺激・・
犬が引っ張ると、引っ張り返す飼い主。綱引き状態。
しかも、おしゃべりしながら無意識にリードをしゃくるしゃくる・・

あれじゃ犬が可哀想っす。
余計なお節介なんで、私は何も言いませんでしたけど・・

大体、プロング付けてて、正しく使えてる飼い主さん、まず、遭遇いたしません!

プロングは、素人がショップで購入して、自己流で使える道具ではないんですよ。
トレーナーですら、正しい使い方を知らない人が多いんですから。

クライアントさんでもいらっしゃいます、、トレーナーから間違った使い方を習って、私の所に来た頃には、もはやプロングが効かなくなってました。
力でがっつんがっつん・・・犬を痛めつけるやり方・・・・ありゃ虐待です。。

話しが逸れましたが、

プロングだけでなく、どんな道具でも、間違った使い方をしては犬に負担を掛けるだけ。

特にプロング、トレーニングカラー、スリップリード、、、こういう刺激が強い道具は、正しい使い方を習ってから使って下さい。
でないと、犬が可哀想なだけでなく、問題が悪化します。

プロング付けてる飼い主さんから良く聞く残念な言葉・・・

「これ、引っ張ると痛いから引っ張らなくなるみたい

・・・・・「付けてりゃ良い」ってもんじゃないんっす・・
プロングは痛みでコントロールするものではありません。

道具は、犬へ意思を伝えるための、伝達ツール。
こちらの意思を伝えて、「引っ張らない心理」に変えるために、使うんです。

すなわち、『犬の心理』を理解していなければ、使いこなせません!



リードが短く張ってる時の犬の心理、想像した事有ります??

リラックス出来ないでしょ?首苦しいし・・

その状態で他の犬が近づいて来たら??

怖く無いっすか?逃げれないし・・リード短いから・・

自分が犬ならどうします?

逃げれなければ、戦うしか無い、、、んで、ガウっと噛み付いた・・



ね、こういうのが、犬の心理、、なんですよ。
こういう事を理解した上で、ハンドルしないといけないんです。

道具を何となく選んで、何となく付けてる、、なんてのは、古い!

我が子に負担を掛けないように、正しいツールを選び、正しい使い方を習う、、のが現代流!!


犬をちゃんと勉強すると、霧が晴れるように、我が子の事が見えて来ますよ。

そういう、1歩進んだ意識の飼い主さん、もっともっと増やしたいですね〜。



そうそう、こないだメールセッション終わったスタンプーベルの飼い主さんが、ブログにレポをアップして下さってます。ありがとうございます〜〜

http://jijibell.blog.fc2.com



ようやく、メールセッションが一段落いたしました。

ベルは、酷いリードアグレッションのスタンプー。
色んなトレーナーや訓練士をジプシーし、1年程前に長野から葉山まで、セッションに来て下さいました。

が、1度のセッションじゃ、こりゃ治りませんよ。
犬を治すというより、人が学ばないといけない。
ベルのハンドルはかなりの上級者向きです。
それをたった数時間で飼い主さんがマスターするのは不可能です・・。

ですがメールセッションで飼い主さん、ほんっとに努力されました!!

ビフォーアフター、どうぞ。



今回はトレーニングカラーも使っていますが、道具に依存しすぎず、タズナだけでもちゃんとベルをコントロール出来るように、セッションさせて頂きました。

なぜならベルは、刺激に強く、慣れやすい・・・
道具に依存すると、何でもすぐに効果が無くなります。

そもそも、道具に頼るだけじゃ、ベルはハンドル出来ませんからね。

ちゃんとアナログが分かった上で使わないと、ダメなんっす!

飼い主さん、最後はすっかり、ベルの心理に合わせた、臨機応変なハンドルが出来るようになりました。

今の調子で、今後もガンガン、ドミってください!

どうもありがとうございました。

☆飼い主さんのブログ

運命の犬!」



イメージ
週末は普段行かない未開の地へ、遠足に行って来ました。
と言っても近所ですが・・・

イメージ 1
「ひゃほ〜い」
はしゃぐ2匹。
ポンポンは草をかき分けて走るのが大好きでして、
腰くらい有る雑草の中を縦横無尽に走り回っておりました。

イメージ 2
どこへ続くか分からない獣道を探検して大満足。

こういう所へ連れて行くと、草の種やらダニやら付いて汚れますが、私はそういうの全然気にしません。
(だからフロントラインは欠かせませんけど・・)

週末は自然の中で羽を伸ばさせたんで、今日は近所を真面目にウォーキング。
散歩は軽めにして午後はゆっくり休憩。

全てはバランスですからね!

遊びばかりじゃユルみ過ぎるし、真面目ばかりじゃ肩が凝る。
疲れ過ぎもストレスに・・
(あ、犬の話しです)

犬は自分じゃライフスタイルを決められないので、人がバランスを取ってあげないといけませんね〜。


どうやら、すんごい台風が接近中とか・・
私は低気圧で体中がムズムズ。
梅雨時期に低気圧が近づくと、無性に息苦しくなったりするんですよね。。

首腰背中もバッキバキに・・
以前コストコで購入した腰モミマシーンが大活躍してます。

さて、、夕飯でも作りますかね〜。

ちょいと最近バタバタしておりまして、中々PCまで辿り着けず行き倒れ・・ブログ放置気味で申し訳ありません・・

さて、随分前になりますが、まだ6ヶ月のトイプー、ロイ(♂)のセッションの話し。

IMG_6735
「ども」

後ろに居るのはケンちゃんご一家・・
これは2回目のセッション、、1回目はご自宅へ伺いました。

飼い主さんはロイが初めての犬。
右も左も分からず、いろんな躾本や躾け方法を試して来て・・
もう、何を信じたら良いか分からない〜状態でした。。

結局、「犬の嫌がる事は一切やらない、犬を尊重する躾」に辿り着き・・
そのように育てていたそうです。

「散歩は1日どれくらい行ってます?」の質問に「1時間くらい」とのお答え。

おぉ!優秀じゃないですか〜と実際散歩を見せて頂きましたら・・

家の前の畑からぜ〜んぜん動かない!

「犬のしたいようにさせる」に基づき、座り込んで「歩きたく無い〜ここに居る〜〜」というロイに、1時間、、その場で付き合っていたそうです・・・・・・

結局、ブラシは嫌がるから出来ない、抱っこも出来ない、散歩も歩かない、、、、
てか、これじゃなんも出来なくね? と飼い主さんご自身が気がつかれ・・・私に連絡が。

初回のセッションで飼い主さんの意識をバシっと改革。

「やらせること」や「NO!を伝える事」への罪悪感を無くしてもらいました。

「NO!」と言う事は、虐待ではありません。

犬との生活は集団生活。ルールが有って当前です。それを教えるのが、親の役目・・


そして2回目のセッションは公園で他犬との交流の仕方。

IMG_6736
ケンちゃんご一家の皆様、ご協力感謝!!!

登場したロイは、前とは別犬。飼い主さんも別人!
こりゃ〜、練習頑張りましたね・・?と耳打ちする私・・笑

歩かないなんて遠い過去。むしろこなれた散歩姿のロイ。
毎日ロングリードで運動もさせてるんで、ガスが抜けてバランスが取れてます。

他犬ともガンガン交流させて、犬同士の心理や接触のさせ方をレクチャー。
ロイは他犬のサミッシブ、、相手に距離を置いてリスペクトする事が出来て素晴らしい!

ブラシやお手入れ系の復習もして、飼い主さん、「大体、分かりました!」と犬育てのコツを掴んで下さったようです。

自信を持って頂けて、良かった!!

これからも楽しい犬ライフを送って下さいね〜!!
PW、待ってます!

ありがとうございました。





イメージ
先日は、随分前から見ているアル&メル、久しぶりのセッション。

問題は、2匹一緒だと他犬とのすれ違いで吠える暴れるとの事。

姉と弟、、(あ、腹違い)
姉は自信家のドミメスなんで、まぁ、良いんですが・・(あ、でもこの子は喧嘩します・・)

弟がヘタレのビビリドミでして、自分に自信が無い!
自信が無いもんだから、す〜ぐ色んな物に反応してワッサワサ。

こういう子こそ、人がしっかり 心のハンドル を握ってあげて、安定走行の手助けをしてあげないといけません。

すれ違い、ちょいちょい上手くもやれてるんですがね、全然褒めてもらえず、正解がよく分からない・・・の状態。

もっと褒めて自信を付けてあげにゃイカンな〜。

元々はビビリの心理グラグラ犬でも、自分の行動に自信が持てれば、不安が無くなってど〜んとして来ます。
少々の障害物でも踏ん張れる。


ライオンは良い例です。
あんなに今、ド〜んとして見えるのは、私の褒めテクのおかげ!!!
ほんっと、常に褒めて自信つけとかないと、即効でワッサワサになりますからね。

もはや洗脳です、「あんたは凄い!」と・・・・

(あ、うち、今や陽性強化です・・)


イメージ 1
チラリ

我が子導入してみんなでPW。
ライオンが兄さんヅラして歩いてました・・
もちろん、「さすがやな〜〜」とほめ殺し。

「ふふん、オレって凄いだろう?これが先輩犬の振る舞い方だぜ」byライオン

これが、自信を付けるってこと。

良い子にしたかったら、いつまでもダメ犬として扱わない。

地道に自信を付けて行くことで、ハードル高いすれ違いも楽になって行きますからね。


飼い主さん、、ご自分で思ってらっしゃるより、ず〜っと上手にハンドル出来ています。
2匹チャキっと従えてすれ違いも楽勝・・
これだけ出来てるんですから、もっと自信を持って!!

これからも応援していますよ〜!
ありがとうございました。






このページのトップヘ